※主な神戸の予定はこちらをご覧ください。

 

★知事選2017 選挙公報を読む(3)勝谷氏 スローガンを強調、笑顔のイラスト (2017/06/23)
 http://news.kobekeizai.jp/blog-entry-835.html

 

★(市営地下鉄+イオンスタイル)×10=商品券500円 「エコショッピング」開催 (2017/06/23)
 http://news.kobekeizai.jp/blog-entry-834.html

 

★川重、くみあい船舶向けのLPG運搬船を受注 坂出工場で建造へ (2017/06/23)
 http://news.kobekeizai.jp/blog-entry-833.html

 

★カルナバイオ、新株予約権で23億7300万円を調達 メリルリンチに第三者割当 (2017/06/23)
 http://news.kobekeizai.jp/blog-entry-832.html

 

Mes comptines (Tome 2): 6 images à regarder, 6 comptines à écouter making download

Mes comptines (Tome 2): 6 images à regarder, 6 comptines à écouter - Mes comptines (Tome 2): 6 images à regarder, 6 comptines à écouter a été écrit par Author : Collectif qui connu comme un auteur et ont écrit beaucoup de livres intéressants avec une grande narration. Mes comptines (Tome 2): 6 images à regarder, 6 comptines à écouter a été l'un des livres de populer sur 2016. Il contient 16 pages et disponible sur format E-book, Hardcover. Ce livre a été très surpris en raison de sa note rating et a obtenu environ 2578 avis des utilisateurs. Donc, après avoir terminé la lecture de ce livre, je recommande aux lecteurs de ne pas sous-estimer ce grand livre. Vous devez prendre Mes comptines (Tome 2): 6 images à regarder, 6 comptines à écouter que votre liste de lecture ou vous serez regretter parce que vous ne l'avez pas lu encore dans votre vie.

Extra tags:
- Mes comptines (Tome 2): 6 images à regarder, 6 comptines à écouter pdf
- Mes comptines (Tome 2): 6 images à regarder, 6 comptines à écouter free download
- Mes comptines (Tome 2): 6 images à regarder, 6 comptines à écouter making download
- Mes comptines (Tome 2): 6 images à regarder, 6 comptines à écouter de Collectif
- Mes comptines (Tome 2): 6 images à regarder, 6 comptines à écouter de Collectif pdf
- Mes comptines (Tome 2): 6 images à regarder, 6 comptines à écouter epub
- Mes comptines (Tome 2): 6 images à regarder, 6 comptines à écouter ebook
- Mes comptines (Tome 2): 6 images à regarder, 6 comptines à écouter de Collectif
- Mes comptines (Tome 2): 6 images à regarder, 6 comptines à écouter de Collectif livre
- Mes comptines (Tome 2): 6 images à regarder, 6 comptines à écouter de Collectif Télécharger
- Mes comptines (Tome 2): 6 images à regarder, 6 comptines à écouter de Collectif gratuit

cod2013logo.jpg

先週土曜日 (5月11日) に、全国 7 箇所 (札幌、仙台、名古屋、石川、大阪、広島、沖縄) で一斉に Community Open Day 2013 が開催されました。

私は、北陸のエリア リーダーとして参加しました。

聴きに来てくださった皆様、スピーカーの皆様、スタッフの皆様本当にありがとうございました。

『Community Open Day 2013 北陸会場』概要

Community Open Day 2013 北陸会場
日時 2013/05/11(土) 10:00 - 18:00
会場 石川工業高等専門学校 (石川県河北郡津幡町北中条タ1)
主催 Hokuriku.NET、福井情報技術者協会[FITEA]
内容
  • オープニング (ライブストリーミングの視聴) 伊藤かつら 氏 高橋忍 氏 砂金 信一郎 氏 日本マイクロソフト 3名
  • 『リモートデスクトップの作り方』 金子 雄一 氏 Remote Desktop Services MVP
  • 『Office 365 チームサイトを美味しく使う10の方法』 中村 和彦 氏 MVP for Office 365
  • 『私がWindows 8を勧める8つの理由』 さくしま たかえ 氏 MVP for Windows Expert-Consumer
  • 『初心者のためのIT講座 ~Office365をつくってみる~』 澤田 賢也 氏 Small Business Server MVP
  • 『C# MVP に聞くC#アレコレ!』 石野 光仁 氏 鈴木 孝明 氏 小島 富治雄 氏 C# MVP 3名
  • 『ライトニング トークス』 石川高専の学生さん
  • プレゼント抽選会
  • 懇親会

7名の Microsoft MVP がスピーカーとして登壇し、全体では 32 名の参加者がありました。

全体の様子 1
全体の様子 その1。
全体の様子 2
全体の様子 その2。
プレゼント
プレゼント抽選会のプレゼント。スポンサーやスピーカーから提供された。ソニーのデジタル カメラ等。
飲食物
主催者から提供された菓子や飲み物。
カレー弁当
昼食は定番のカレー専門店の弁当。とても美味い。
Photo 6
終了後は懇親会も行われた。刺身の盛合せ他、北陸の海の幸。

ライブ コーディング対決! 「C# MVP に聞くC#アレコレ!」の資料公開

私は、鈴木 孝明 氏と共に石野 光仁 氏のセッション「C# MVP に聞くC#アレコレ!」に登壇しました。

両氏と相談して、「折角北信越の C# MVP 3名が集まるのだから、一緒に C# の魅力を語ろう!」ということで、石野さんに企画していただいたものです。

ライブ コーディング対決を行いましたが、お題は本番になるまで本当に何も知らされず、鈴木さんと私はぶっつけ本番でした。

それだけに、ライブ感が出たのではないかと思います。私にとって、とても楽しいセッションでした。

私の分の「C#の好きなところ」の資料を公開します。

C# MVP に聞くC#アレコレ! 小島の分 from Fujio Kojima

関連リンク

  • Community Open Day 2013 #cod2013jp - Togetter
  • Community Open Day 2013資料まとめ #cod2013jp - Togetter
  • Community Open Day 2013 資料公開 - xin9le note
  • 「Office 365 のチームサイトを 美味しく つかう 10 の方法」by 中村 和彦 氏 - Slideshare
  • 「Windows 8 を勧める8つの理由」by さくしま たかえ 氏 - Slideshare
  • Community Open Day 2013開催 - 世の中は不思議なことだらけ

宗教と科学

2018/01/30

上山安敏、岩波書店。1830年代から1930年代のプロイセン=ドイツにおける、ユダヤ教・カソリック・プロテスタントの相互の影響、並びにその言説に(そしてその言説「が」)当時の状況が及ぼした影響についての本。サブタイトルは「ユダヤ教徒キリスト教の間」
筆者は大きな問題として、以下の問いを置く。すなわち、第二帝政期以来変容してきたドイツキリスト教会(並びにその周辺地域であるスイス、プロイセン、オーストリア、ポーランドキリスト教会)と、その内側に存在したユダヤ人社会とユダヤ教会の関係はいかなるものであったのか。
この複雑な難問を、筆者はまず三つの書物の読み込みから開始する。ニーチェ「アンチクリスト」、フロイト「モーセと一神教」、ウェーバー「古代ユダヤ教」 この三つの書物を筆者は、「作者」から浮遊するただ文字の羅列として読むテクスト論の手法ではなく、当時のドイツの民族主義・反ユダヤ主義・科学主義の勃興、政治的状況、それ以前の啓蒙主義的伝統など、さまざまな複合作用の結果生まれたものとして読み解いていく。
それは膨大な読みである。ヘーゲル、カント、フィヒテ、メンデルスゾーンからガイガー、グレーツ、トライチュケ、モイゼン。そして戦後活躍することになるブーバー、ショーレム、アレント……。ドイツとユダヤ、キリスト教とユダヤに関わるおよそ全ての文献が複合作用の一因として丁寧に読みほぐされ、関係性を読解されていく。
そこには言説を言説界とでも言うべき聖域に保護する態度ではなく、政治と経済と宗教と暴力の交錯する、複雑な環境、荒々しい現実の自然の中に放り投げる姿勢がある。言説は利用される。政治に、経済に、軍事に、差別に。そのことを何よりも示しているのは、この本で論じられている時代の直後、ドイツはナチズムというベヘモス(リヴァイヤサン、ではなく、本著に敬意を表してこう言おう)に飲み込まれ、ショアという現実が発現することである。
筆者はそのことを常に念頭に置き、丁寧に、そして堅牢に、反キリスト・反反ユダヤ主義ドイツ人フリードリヒ・ニーチェが、ユダヤ人精神分析者フロイトが、ドイツ啓蒙主義の最高峰であるウェーバーが、いかなる時代に生き、いかなる政治の中に置かれ、いかなる状況で書いたのかを解析していく。
その結果はたとえば、いかにしてロマン主義から神秘主義へと繋がるドイツキリスト教の流れと、その中であえて地べたに投げ捨てられたユダヤの神秘主義の分析だとか、プロテスタント・ドイツ学術主義が、いかなる態度で「内部の異人」であるユダヤ教・ユダヤ人文化と相対したのか。そのような具体的分析と絡みあい、一つの綾織をなす。
それは、新約と旧約の間の問題、ユダヤ人イエスを分析する歴史主義神学の勃興と、それに伴うアンビバレントなドイツ国民の感情に関する織物である。歴史の流れの中でうねり、混じり、変化していく思想の渦が、いかなる影響を政治に与え、いかなる影響を政治から受けたのか。それに関しての綾織である。此処では語りきれないほど沢山の、知識によって過去と歴史を読み解いていった結果生まれた、文字の綴れ織である。
それは豊かな織物である。筆者はナチス・ドイツという現代政治の(ある意味での)究極の化け物を常に視野に入れ、いかいしてショアが起こったのか、いかにして反ユダヤ主義はドイツ国民に浸透したのかを、細密な分析と確固たる視座を武器にして切り込んでいく。
それを支えるのは先に述べた三つの書物の読解であり、その読解もまた、現実政治への影響と現実政治からの影響の分析によって成り立っている。織物の縦糸と横糸、もしくは車輪の右と左のように、ここにおいて政治という名前の、否、虐殺という名前の現実と言説は一体化し、かつ精励な分析によって腑分けされ、我々の前に晒される。
何度でも言おう。それは豊かなことなのだ。安易に大文字の言葉を連ねるでもなく、現実政治との関わりを否定するでもない。言説が否応なく持ってしまう政治性を真摯に見つめながら、それを読解と分析によって、つまりは言説によって解析していく姿勢は、非常に豊かなのだ。荒地に鋤を持ち立つ人のように、この書物は豊穣な書物である。続編の「ブーバーとショーレム」が非常に楽しみである。傑作。

いざ戦場へ

2018/01/28

毎回、新大阪を離れるときはへこみます。。

今日はあまりの人の多さに違う意味でへこみました。

しんどー


新大阪発のひかりのグリーン車はまだ空いているので快適です〜


つか昨日も食べました。納豆巻きはうまい! 大好き。飽きません。

そういえば漫画「働きマン」の主人公も美容と健康のためという理由でよく食べてましたね。

最後に、安野モヨ子先生お早いご復帰を祈ります。
f:id:arisugawajuri:20081002180816j:image

神戸市灘区にてピアノレッスンを行っております

サークル音楽教室の冨士です。

 

火曜日は、ピアノ教室の佐野多由子先生がレッスンにいらしており、いつもにも増してサークル音楽教室は華やかに盛り上がっております~!

 

サークル音楽教室は神戸の灘にある小さな音楽教室なのですが、ピアノの指導にいらして頂いている先生方は皆様、歌も上手で弾き語りも指導してくださいます。

 

佐野多由子先生は、大阪音楽大学音楽学部ピアノ専攻卒業されており、クラシックからポピュラー、シャンソン、ジャズ、ソロ演奏や弾き語り、様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションと本当に色々な分野でご活躍です。

 

 

弾き語り、素敵ですね~!是非皆様もトライしてくださいね~!

 

来月は、佐野多由子先生の企画コンサートがあり、勿論ご自身も出演され、私もドラムで参加させて頂きます。

f:id:fuji_cajon:20160624195811j:plain

このコンサートは、毎年毎年、ピアノ教室の佐野先生が企画されており、『音楽の旅』というタイトル、テーマでお贈りするライブコンサートなのです!
いつもいつも、とても素敵な演出と企画、演奏のアレンジ、を用意してくださり私もすごく楽しみなコンサートなのです。
佐野多由子先生の弾き語りも毎回すごく素敵です!

 

今回は、『眠らない街 NewYork!! 世界一エキサイティングな街 NewYork!!』という、タイトルで、皆様をNewYorkにお連れしますよ~~!

 

コンサートのご案内

日時:2016年7月16日

会場:太閤園 迎賓館3階 ダイアモンドホール

   大阪市都島区網島町9-10 

料金:大人      13500円

   中高生     10000円

   小学生(高学年)6000円

   小学生(低学年)5000円  

ご予約:0663561110 

 

とっても、楽しいですよ~!是非足をお運びください!!

 

神戸市灘区のピアノ教室のご案内

 

ピアノ教室開講曜日

火曜日、水曜日、木曜日、金曜日、土曜日

 

子どものピアノ
■ 月3回
■ 30分レッスン
■ 月謝 7,500円(税抜)
■ 個人レッスン
*消費税別途必要です。

大人のピアノ
■ 月3回
■ 30分レッスン
■ 月謝 9,000円(税抜)
■ 個人レッスン
*消費税別途必要です。

保育士のためのピアノ
■ 月3回
■ 30分レッスン
■ 月謝 9,000円(税抜)
■ 個人レッスン
*消費税別途必要です。

 


卒業ソング

2018/01/07

この時期は卒業シーズンですね。

別れは悲しいですが、また新しい出逢いや、環境で

スタートするのもいいですね!

 

今はどんな卒業ソングが流行ってるんでしょうね。

旅立ち〜卒業ソングBESTセレクション [ (V.A.) ]

旅立ち〜卒業ソングBESTセレクション [ (V.A.) ]

  • ジャンル: CD・DVD・楽器 > CD > ジャパニーズポップス > フォーク・ニューミュージック > その他
  • ショップ: 楽天ブックス
  • 価格: 2,059円

 

おぉっ!いきなりメガシンカポケモン同士のバトル!!

f:id:minniemouse-yanappu:20140409161404j:plain

メガシンカするポケモンはちゃんとメガストーンを身に付けてる!

エリートトレーナー!ゲームとデザインが一緒なのね。可愛い!!

ハリマロンとトレーナーが。

このトレーナー、ハリマロンを擬人化した感じだね。w

メガシンカポケモン同士のバトルを見てビックリ!

最初は誰しも驚くよね。

アランのリザードンはメガリザードンXになるんだね。強い!

f:id:minniemouse-yanappu:20140409161446j:plain

アランの目標は全てのメガシンカポケモンを倒し、頂点になること。

凄い目標だ…^_^;

ハリマロンのトレーナーの名前はマノン。

新米トレーナーなんだって。

アランとマノンの会話になんとサトシの名前が!!

f:id:minniemouse-yanappu:20140409161459j:plain

サトシって有名人と化してるねwww

そのうちサトシと出会うのかなぁ…(期待w)

 

アランはプラターヌ博士の助手だった!!ビックリ!

f:id:minniemouse-yanappu:20140409161512j:plain

アランを必死に追いかけるが崖から落下!!∑(゚Д゚)

でもハリマロンことハリさんが助けてくれた。ドジなのねw

 

怪しい遺跡に辿り着いたアラン。

奥にはメガストーン!!

アランが戻ろうとすると、歌舞伎役者みたいwなトレーナーが!!

f:id:minniemouse-yanappu:20140409161523j:plain

しかもこいつもメガストーン持ってる!!

ガブリアスとリザードンのバトル!

やっぱりメガシンカポケモンのバトルはスゴい!

結果はアランの勝利!

f:id:minniemouse-yanappu:20140409161531j:plain

それを見ていたマノンは興味津々!

 

そこにフラべべが!とっても素早い!

f:id:minniemouse-yanappu:20140409161542j:plain

どくどくで、毒状態にして見事GET!

GETで喜んでいるマノンに急いで毒を消してもらわないと!と言うアラン。

いいコンビかもね^ ^

 

アランはズミさんのお店へ!

f:id:minniemouse-yanappu:20140409161552j:plain

目的は…やはりバトル!!

カメックスとリザードンのバトル!

f:id:minniemouse-yanappu:20140409161602j:plain

相性では不利だけど、大丈夫なのかなぁ…心配。

メガカメックスになると、波動系の技の効果が上がるんだよね。

流石!四天王!

結果は…ズミさんの勝利。

四天王はやっぱり強かったか…

 

最後の最後にフラダリが!?

f:id:minniemouse-yanappu:20140409161611j:plain

何か企んでるよね。絶対。

…フラダリを見たら、フラダリクソコラグランプリを思い出してしまったwww

DroidKaigi2016、2日目も参加したのでレポートを記載します。 …目黒でやってたDevSummitで発表されたSoracomの新サービスに目移りした瞬間もありましたが、いい話ばかりでよかったですよ。

基調講演「Support Libraryノススメ」「Support Library Internal」

発表者はGoogleのArakiさん。

いま現在出ているsupport libraryにどんなものがあるか、各々のサポートライブラリにはどんな機能があるか?をお話しされてました。多くて(私が理解しきれているものが少ない)のでここでの学びは

  • Fragmentは「android.app.Fragment」でなく「support.v4.app.Fragment」の方を使うべし。(support.v4の方が標準APIのFragmentで発生していたバグが修正されているため。)

  • Viewの代わりにAppCompatViewみたいなのがあるが、これにわざわざ書き換えなくても良い。

  • RecyclerViewはListViewの後継となるクラスだが、無理して入れ替える必要はない。

  • compileSdkVersionとサポートライブラリのバージョンが揃えること!それを前提にして作っているみたい

  • DesignSupportLibiraryはappcompat-v7使用を想定している。

  • TabLayoutとViewPagerと連携するにはtabLayout.setupWithViewPager(viewPager)かけばOK

です。しっかしほとんど知らないものばかりだったので勉強になったなー。これらを自分の言葉で説明できるようにしっかり消化していかないとなー。

セッション1「クックパッドにおけるAndroidエンジニアの役割とその変遷」

発表者は@sys1yagiさん。

speakerdeck.com

クックパッドのAndroidアプリを作り上げていく過程でAndroidエンジニアがどのように問題に立ち向かって解決していったかを話してくださりました。クックパッドのエンジニアって本当に神クラスにすごいからきっとすごいことをやっているのかなー?と思ったら一つ一つは自分たちでもできそうなことばっかりだったので目からウロコでした。 ひたすらKPTを繰り返し課題をあぶりだし、リリースしたら実はトラブってたというのを防ぐためチェックリストを作ってリリースマネージャというリリースに関して責任をもつ、ってがんばれば自分たちでもできそうな気がします。 ただ、この発表を聞いて、さすがと思ったのは品質を保つために「プログラミングの仕組み化」をしなかったことだと思います。つまり「技術力が多少あれでも最低限の品質が保証されるコードが何もかけずにかける」システムを構築しなかったことです。SIerだとこの方法を使って、単価のやすい派遣さんにどんどんコーディングさせて自分たちは頭を使うことしかしないみたいな感じになって技術力があってもむくわれない!みたいな構造が出来上がっていくのです。技術的な感度をからせないために?この仕組み化をしないで上級者に合わせた方法を貫き通していた、というのはすごいと思います。

セッション2「パフォーマンスを追求したAndroidアプリを作るには」

発表者はt.eggさん。

パフォーマンス…特に省電力に特化したノウハウについて話されていました。パフォーマンス測定するのにUSBにつないでやるのは測定の精度はでないんですね…肝に銘じます。。。あと、JobSchedularやDozeなどを使って省電力化していく、という方法も紹介されていました。

セッション3 「Android,Brillo,ChromeOS」

発表者は@l_b__さん。

Android,Brillo,ChromeOS from l_b__
www.slideshare.net

Brilloという単語に惹かれて聞きました。しかし、実際は各OSの内部構造についての解説でした。これはこれで貴重な情報だと思うのですが、この手の議論になれていない私にとってはかなり消化不良な感覚を覚えました。。。

セッション4 「Androidエンジニアになって2年の学び」

発表者は@ryugoo_さん。

speakerdeck.com

技術的に斬新なことがないみたいな感じで謙遜してらっしゃいましたが、これはすごく聞きごたえがある内容だと思います。本当に技術力がある人になるために必要な観点を自身の経験を踏まえて話していたのは素晴らしかったです。高等なテクニックを駆使する…というよりあることを実装するのにいくつか方法があるがそれらについて一つずつ検証していく!というのは地味ながら一番大切なことだと思います。あと、流行りとかGoogleが言ったから、といってそれを盲目的に信じていくと痛い目見るからちょっと疑ってかかって…というのもものすごく共感できます。 …というかこの方Android歴2年とは思えないくらいいろいろ知ってるなーと思いました。私がAndroidやって2年たったころって本当にたいしたことなかったしなー。。。

セッション5 「Fireside chat」

DroidKaigi2016の公式アプリの開発に携わったメンバーたちによる開発苦労話。

最初は@konifarさんが実践的なサンプルみたいな形で作ったのがきっかけで…そこからたくさんの人がPull Requestだして…みたいに膨れ上がったもの。issueベースでContributerたちとコミュニケーションをとって…というのが斬新だなと思いました。仮に現職のチームでこれを導入しようとしたらなかなかうまくいかないんじゃないかなー。これがうまくいくのって「やるきとこだわりがあるエンジニアがチームの9割を占めている場合」に限られていると思いますが…。 ただ、@konifarさんが仕事とか発表準備とかでいろいろ大変だった間にみんなががんがん開発してくれて気づいたらissueがどんどん消化されていた、というのに「オープンソースすごい!」と思いました!!

その後・懇親会

所用があって私は18:45までしか入れませんでしたが、いろいろな方とお話しさせていただきました。やっぱりSIerって人はいないようだなー。あ、あと八木さんとちょっとでもお話しできたのはうれしかったですね!

総括

2日間通しての総括ですが…非常に勉強になる2日間でした。ABCだと製品の紹介とかふわっとした内容がメインだったりするのでこういうゴリゴリの開発メインのものがセッションの大部分をしめるのは非常に良かったと思います。 あ、ただ、1つでもいいからビジネス開発視点、マーケット視点で見た開発ノウハウっていうのがあれば聞きたかったなーと思う今日この頃です。そういうセッションが今後のDroidKaigiで出てくることを期待しています。